FC2ブログ
プロフィール

書道書育士 和田華仙

Author:書道書育士 和田華仙
KASEN TOP ACCESS
Blog~書にはぐくまれ~
ようこそ!!

書道書育のKASEN
主宰:和田華仙のブログ
2013年3月16日スタート☆

TOTAL ACCESS


 
教室実施におけるエピソード、
文房四宝等、華仙の日常における書の散歩誌☆

(^_-)-☆ (^。^)y-.。o○(#^.^#) (^_-)-☆

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MBS毎日放送・コレキメ出演

2月27日(木)
MBS毎日放送~コレキメ~
午前10:54~11:00
2月26日(水)テレビ出演 (^O^)/。,☆゚’

*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨

これまでココで何度かお知らせして参りましたが
昨日、予定どおり放送がありました!!

20140306_125613.jpg


korekime1.jpg

書道具メーカー、テレビ通販事業者、企画広告代理店とのタイアップで
実現したものです。,☆゚’

今回は生活雑貨部門に「水書道」をラインナップ!
特にお子様向けに商品紹介☆
kasen_eijihappou.jpg


KASEN教室・生徒のご自宅等にて撮影されてきたものです。
都合4時間を超える収録も実際に番組で使われるのは5分程度 (^_^.)
PhotoGrid_1388227045828.png

ですが、収録も笑顔一杯、終始楽しく行えたので大満足です!!
PhotoGrid_1393462941775.png

番組内の商品詳細はコチラから・・・MBS@コレキメ!

今回の放送は関西ローカル・MBS放送(2府4県)のみですので、
関東圏はもちろん他の地域での放送はありませんでした。


ただ、制作社側のご担当者からDVD収録のモノを頂けることになっております!!
これは楽しみだぁ~)^o^(♪




↓ ↓ ↓ ↓
ご覧頂いた方、“ぽちっ”としてご退室ください(^。^)/



~またお会いしましょう♪#♭(^O^)
スポンサーサイト

新たな創作活動

2月18日(火)
第19回 日本の美術 全国選抜作家展
IN 上野の森美術館≪クオリアート主催≫

先日、上野の森美術館へ行って来ました!!
日本画、洋画、彫塑、陶、工芸、手工芸など 約200点程
中でも書作家の出展した「書と手工芸のコラボ」は目を惹きました:。,☆゚’

*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨

20140218_120732.jpg


館内撮影禁止なのでUP出来ないのは残念 (/_;)
普段の書作・書風が一方通行にならないように「書」以外の芸術作品を観ることは大いに目の肥やしになります'¨':。

実は新年も早々、同展企画社より年末に横浜の赤レンガ倉庫で催される「2014 Japan Qualiart In YOKOHAMA」へ出展について推薦を受けておりました。

国内の新進気鋭美術作家120名からなる芸術コンペティションです。
ここに書道部門でとの依頼でした。
信頼の於ける書関係者とも相談しながら出展することを決めました。

今回は別部門での美術展でしたが規模や雰囲気、名声が如何様なものなのか現場を観に行ったしだいです。

今後は7月出品をメドに創作活動に入ります。
この間、「毎日書道展」、「社中全国展」等、本流の創作活動も同時進行していきます。

今夏、そしてクリスマス期おける展覧にご期待ください―☆,*:'¨':。
by KASEN


↓ ↓ ↓ ↓
ご覧頂いた方、“ぽちっ”としてご退室ください(^。^)/



~またお会いしましょう♪#♭(^O^)

一月度最終稽古@お清書

2月3日(月)
KASEN教室でお稽古する子ども達☆
*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨

稽古を重ねてきて早二年近く・・
その才能の満ち溢れる子たちの姿に圧倒されることがあります。
類まれな感性・素質・感覚的な捉え方etc
クラスに一人か二人、学年に一人か
こちらが触発を受けるくらいのセンスを持つ子がいます。

2014_kasen_rosin.jpg

紛れもなく低学年層における人間形成期に字のセンス感は急速に育まれます。
これは体験にも基ずきます。


私は、輝ける稀有な素質の光を放っている時にこそ、
指導者や親御様はそれを見落としてはならない。
そんな使命にもかられ屋号を持ち教室を開きました。


20140203_145218.jpg

必ずしもお手本に習い忠実に線を描けなくとも個性を引き上げることによって、
子の持ち味は無限なのかも知れません。


私は同じ書道の世界でも優れた団体の書風を得ることが出来ました。

字を生涯の宝として育む書道書育は、
文化的な一助として子育て支援の糧となることを私は証明したい。



↓ ↓ ↓ ↓
ご覧頂いた方、“ぽちっ”としてご退室ください(^。^)/



~またお会いしましょう♪#♭(^O^)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。